スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SQLiteをC言語で

ドキュメントは以下のサイト
http://www.sqlite.org/capi3ref.html

以下のURLも参考になった
http://zetcode.com/db/sqlitec/


動作環境は、QEMU ARM 環境、debian 6.0 (squeeze)
Windows7上で動かしている

開発ライブラリのインストール
# apt-get install libsqlite3-dev
Connectだけの動作確認 ファイル名= SQLiteConnect.c
#include <sqlite3.h> 
#include <stdio.h> 

int main(void) {
    sqlite3 *db;
    int rc;

    rc = sqlite3_open("/home/user/sqlite-c/stations.sqlitedb", &db);
    
    if (rc != SQLITE_OK) {
        
        printf("Cannot open database: %s\n", sqlite3_errmsg(db));
        sqlite3_close(db);
        
        return 1;
    } else {
        printf("database connected.\n");
    }

    sqlite3_close(db);

}
コンパイル
$ gcc -o SQLiteConnect SQLiteConnect.c -lsqlite3 -std=c99
実行
$ ./SQLiteConnect
database connected.
ついでに Makefile
TARGET  = SQLiteConnect

SRCS    := SQLiteConnect.c
OBJS    := $(SRCS:.c=.o)

CC      = gcc
CFLAGS  = -std=c99
INCLUDE = 
LIBS    = -lsqlite3

$(TARGET): $(OBJS)
        $(CC) -o $@ $(OBJS) $(LIBS)

.c.o:
        $(CC) -c $< $(CFLAGS) $(INCLUDE)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。