スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SC-02BにカスタムROM SuperNexus 4.0 を入れる

SC-02BへカスタムROM、SuperNexus 4.0 を入れてみました。
512MB RAM でも快適に動作すると評判のandroid 4.4 です。

RAM表示
DroidMemoryWidgetで空きRAMサイズを確認しています。
164MBも空いているとは…快適になっています。

device-2.png
カーネルのバージョンですが、独自バージョン名になっています。
これは、didhiyさんのSC-02B用カーネルソースをダウンロードして、修正を加えているためです。

なぜなら、私のSC-02Bは内臓SD(eMMC)が壊れているのです。認識しません。そのため、内臓SDとマイクロSDカードの定義を交換(swap)する必要があります。その定義するファイルが、android 4.2までは、/system配下のvold.fstabだったのですが、android 4.4 では、このvold.fstabが無くなってしまっていました。代りにルート直下のfstab.ariesになっています。ルート直下は、カーネル配下のRAMDISKになっているので、カーネル自体(boot.img)を修正する必要が出てしまいました。なお、修正した/fstab.ariesは以下の通りです。(0と2をひっくり返しています)


# Android fstab file.
#
# The filesystem that contains the filesystem checker binary (typically /system) cannot
# specify MF_CHECK, and must come before any filesystems that do specify MF_CHECK

recovery /recovery mtd defaults recoveryonly
boot /boot mtd defaults recoveryonly
radio /radio mtd defaults recoveryonly
cache /cache yaffs2 defaults recoveryonly
datadata /datadata yaffs2 defaults recoveryonly

# LVM Volumes
/dev/lvpool/system /system ext4 ro wait
/dev/lvpool/userdata /data ext4 noatime,nodev,nosuid,nomblk_io_submit,errors=panic wait,encryptable=footer,length=-16384

/devices/platform/s3c-sdhci.2/mmc_host/mmc2 auto auto defaults voldmanaged=sdcard0:1,nonremovable,noemulatedsd
/devices/platform/s3c-sdhci.0/mmc_host/mmc0 auto auto defaults voldmanaged=sdcard1:auto

# zRAM
/dev/block/zram0 none swap defaults zramsize=134217728



device-3.png
ドロワーは少し狭いですね。5列じゃなくて4列がよかったなぁ

device-4.png
Androidバージョンの箇所を連続してタップするとバージョン表示が行われます。いたって普通でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。