スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CWM(ClockworkMod Recovery)の導入

※一時でも恒久化でもrootになることができれば、CWMを入れることができる。

用意するもの
mmcblk0p7.img
... v10cやv10bから/dev/mmcblk0p7からddで吸い出したファイル。 ググってみつけておく

recovery-clockwork-touch-6.0.4.5-p930.img
... https://www.clockworkmod.com/rommanagerからダウンロードする。
LG Nitro HD / LG P930 (AT&T)用を選択する(touch用が使いやすい)

- sdカードへ転送
C:\TMP> adb push mmcblk0p7.img /mnt/sdcard/
C:\TMP> adb push recovery-clockwork-touch-6.0.4.5-p930.img /mnt/sdcard/

- SDへオリジナルをバックアップ
C:\TMP> adb shell
shell@android:/ $ su
shell@android:/ # dd if=/dev/block/mmcblk0p7 of=/mnt/sdcard/org-mmcblk0p7.img
shell@android:/ # dd if=/dev/block/mmcblk0p13 of=/mnt/sdcard/org-mmcblk0p13.img

- ROMエリアへ書き込み
- ブートローダエリアの書き換え
shell@android:/ # dd if=/mnt/sdcard/mmcblk0p7.img of=/dev/block/mmcblk0p7
10240+0 records in
10240+0 records out
5242880 bytes transferred in 1.941 secs (2701123 bytes/sec)

- recoveryエリアの書き換え
shell@android:/ # dd if=/mnt/sdcard/recovery-clockwork-touch-6.0.4.5-p930.img of=/dev/block/mmcblk0p13
15888+0 records in
15888+0 records out
8124416 bytes transferred in 2.668 secs (3043598 bytes/sec)

shell@android:/ # exit
shell@android:/ $ exit

- 再起動
C:\TMP> adb reboot

- 無事androdiが起動できていることを確認できたら、リカバリーモードに入ってみる

C:\TMP> adb reboot recovery

キー操作は、音量上と下で選択行の移動(なぜか上→カーソル下と逆転しているになっている)、電源ボタンで選択

CWMが動いたら、今のファームウェアのバックアップをとっておく。
これでCyanogenModも入れることができる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。