スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L-01DでCyanogenMod 10.1 ( Android 4.2 Jelly Bean ) を導入する

有志の方々に感謝です。
入手するファイル

cm-10.1.3-p930.zip
・・・cyanogenmod のサイト から
・・・https://download.cyanogenmod.org/?device=p930 の stable から

kernel.zip
・・・xdaのL-01D kernel の記事から
・・・http://forum.xda-developers.com/showthread.php?s=092fb8e0f1d8cdba6336c01060ba430c&t=2178773&page=2

gapps-jb-20130301-signed.zip
・・・goo.im から
・・・https://goo.im/gapps/

これらをSDカードに入れてリカバリーモード(CWM)に入って、以下の順でインストールする

1) wipe data/Factory reset
2) install zip で以下のファイルを選択してインストールする
[1] cm-10.1.3-p930.zip
[2] kernel.zip
[3] gapps-jb-20130301-signed.zip

再起動すると使えるようになります。

課題)
・WIFIのみで使っているためか、電源を入れなおすと日付が1970年に戻る

このROMでのメリット)
・ベースバンドバージョンが正しく表示された
・アプリ Camera Zoom FXが動作するようになった
・ネットワークモードでLTEあり、なしが選択できる

また、Cyanogenmodを入れることでオリジナルICSより
・空きRAM容量が増加した
・さくさく感になった
と、使い勝手はよいです。無くなってしまう機能が
・ワンセグ(xdaの記事を読むとカーネルは対応しているらしい)
・おサイフケータイ(felica)
でしょうか。バッテリの消費が激しいのが気になります。

まだ使い始めたばかりなので安定性がどのくらいかわかりませんが安定しているようならこのままおいておくつもりです。

device-2014-09-11-185248.png

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。